2016年11月12日土曜日

オーディオ機器のクリスタルコート。エンクロージャーをツルツルにするゾ



 整頓と掃除が好きです。
特にオーディオ周りの埃は1~2週間に一度徹底的にとります。
どういうわけか、埃をざーっととって掃除機をかけると音が見違えるようなのです。

クイックルワイパーにつける立体吸着シートを四つ折りにして白手袋をはめて
スピーカー、アンプ、オーディオラック、ケーブル、オーディオボードと拭いていきます。
ツイーターや端子、ターミナルなどはカメラ用ブロワーで埃を飛ばし
アンプの細かい溝はカメラ用の刷毛を使って綺麗に埃を取ります。



ウェーブ フロア用ドライシート 立体Wキャッチ ピンク 40枚入UN ブロアー ワンコインブロアー(オレンジ) UNX-1330HAKUBA DSLRボデイブラシM ブラック KMC-50-BK


 特に重要なのが、ツイーターのブロワー掛けで
埃を取ってやるだけで保護ネットを外した以上の効果が出ます。
スーパーツイーターを別途設置していたりリボンツイーターなどの
ツイーターが付いたスピーカーでは効果が非常にわかりやすいでしょう。

 男性陣なら誰もがメカいじり的な遊びは好物だと思うのですけど
たとえ掃除であってもオーディオのこういったメンテナンスや配線やセッティングは心躍ります。


2016年11月3日木曜日

お知らせ

いくつか伝えておかなければいけないことがあります。
様々な事情が絡んでいるため正しく伝えることが出来るか定かではありませんがとりあえずの報告としてここに書いておきます。

 生まれてこの方身体が強い方ではなく
ここ10年程度、いくつかの病気により入退院を繰り返し養生生活を強いられていたわけですが
出来るだけ自宅で少ない体力でも楽しめる趣味としてオーディオに活路を見いだして
今ではほぼオーディオ中心の生活を送っていました。

 と言うのも、趣味は意外に多く持っている方だと思うのですが、
体力的な面で大きな制約があり年増に寝ているだけで出来るような楽な趣味へと淘汰されていったようです。

 ここのところの著しい体力低下に伴い、
オーディオ、音楽趣味が最後の砦となっていました。

 去年の春あたりから耳管が開放気味になったり…薄々感じていたことですが
ここに来て音を聴く力が無くなってしまいました。

 調子の良い日を狙って薬を併用しつつだましだましオーディオをやっていましたが
先月10月の中旬のこと常用している薬の一つに激しい副作用が出てしまい
体調が著しく低下してしまい日常的な生活を送ることがぎりぎり出来る程度の状態になってしまいました。

悪いことに、最も大きな影響が聴覚へ出てしまい聴力検査での聞こえは問題なく
音は感じられるものの音楽としてとらえることが出来なくなってしまいました。

 副作用からくる症状らしいのですが、どうやらこの状態から抜けきるのに半年から4年程度かかるとのことです。

そもそも病気自体に治療方法はまだ確立されておらず、
対処療法としての薬をだしだまし使っていました。10年も…
薬自体には通常そのような副作用が出ることはまずないと言われていて
医師も自分も安心して使い続けていたのですが運が悪かったのかなと思います。


元々、医師からは入院生活を推奨されていましたが
何とか工夫して訪問看護等使いながらなんとか自宅で養生できるようにしていました。
病院生活じゃヘッドホンくらいしか使えないし好きな人とも会えないしね。


 音楽とオーディオと出会えてたから今の自分がいると思います。
今では、音楽を普通に聴こうとしても痛みしか感じられません

オーディオできないのってこんなに辛いんだ。。。

ぽっかりと大穴が空いてしまったような気分です。