2015年12月26日土曜日

第六回 FOR MUSIC 新製品発表会&即売会 開催決定





今日、来年1月朱鷺メッセで行われるFORMUSIC主催新製品発表会の招待状が来ました。
次回から会場がホテルオークラの白鳥の間から朱鷺メッセの3回会議室に移されました。
さらには会場が広くなっただけでは無く、いままで1日だけの開催が2日開催になっています。

2016年1月16日(土)17日(日)朱鷺メッセにて開催です。


実際に行ってきたレポートはこちらから!!
→ 第六回 forMusic 新製品発表会 試聴レポート

注目ブランド、メーカー

■Stella
・トリノフオーディオ
ST2かAmethystか分かりませんがAmethystが来たらアタリです。
・VIVID AUDIO
G2GIYAだと思いますがG4GIYAも聴いてみた気がします。

■Axis
・ルーメンホワイト
今年のTIASで好評だったルーメンが登場。事前の情報では高すぎるうえに大きすぎるので厳しいとのことだったのでこれは期待。

■太陽インターナショナル
・dCS
密かに買い換えを検討しているRossiniが初登場。
・AVALON
AVALON DIAMONDが聴けたらなと。実はAVALONはまだ聴いたことが無いので是非とも聴いておきたい。
・RockPort
前回、アキュフェーズブースで良い感じに鳴っていたので今年も期待。
・Jeff Rowland
実はジェフローランドも初体験。AVALONと一緒に聴ける予感。
・T+A
dCSの価格が上がりすぎているために今期待のメーカー要チェック。

■エレクトリ
・MAGICO
みんな大好きマジコ。S1mk2はさすがにまだ厳しい気がするけれどQ1かまたS3を聴けたらなと。

■D&M
・B&W
800D3シリーズこれは絶体に押さえておきたい。上流はアキュフェーズっぽいのでさらに期待が高まる。

■HARMAN
・JBL
■NASPEC
・MonitorAudio
中級モデルが来ると予想されますが押さえておきたいブランド

■Fuhlen
・PIEGA
前回聞き逃してしまったので次はちゃんと公式試聴会で聴いておきたい。

■NOAH
・SonusFaber
問題のchameleonが来ていたらさっと確認しておきたいところ。
ガルネリエボリューションだったら…

今回の目玉はとにかくD3シリーズ。
普段お目にかかれないルーメンホワイトやRossiniに期待。
そして去年聞き逃してしまったPIEGA。


2015年12月16日水曜日

ノードストの旧モデルケーブル「Black Knight」 音質レビュー



 珍しく5.0Mの長尺RCAケーブルがヤフオクにでており適当に入札していると落札してしまったので
またしてもNORDOSTのケーブルネタです。

Black Knight紹介記事  (Fileweb)

遠くの昔にディスコンされていて、もう10年以上前の製品になるでしょうか。
平たいの形状が都合が良いのか高級ケーブルとしては珍しくカーオーディオによく使われていたらしいケーブルです。

 カーオーディオに使われていたということで、ヨレや汚れが心配でしたが
5MのRCAケーブルと言うことでサブシステムのプリパワー間に使えるなと思いとりあえずノードストだしとあまりに適当に落札したのでした。


2015年12月13日日曜日

壁コンセント交換。フルテック GTX-D(G) 例のMAIN NOISE ANALYZERで効果を数値化?



 先日F社へトリノフを聴きに行ったついでに壁コンの交換を手配していました。
ちょうど一週間後です。

電源ケーブルと電源タップを入れた辺りで交換するべきだったのですが、
メインに使っているコンセントがテレビ用の配線とコンセントがくっついた形であるために
コンセントプレートの選択肢が無く、いまのいままで放置されていました。




 この異型コンセントプレートと呼ばれるプレートのオーディオグレードを作っているのはオヤイデ電気のみで結局の所コンセントプレートはやむなくオヤイデになりました。


異型コンセントプレート

非常にニッチな製品ですが、うちでは寝室のオーディオもこの特殊コンセントプレートが必要で
このサウンドハウスにも楽天でもAmazonでも売ってないオヤイデ直販でしか買えない
プレート、4300円なんですが2枚買って600円の送料を無料にしました。
そのうち寝室の壁コンも交換する日が来るでしょう。おそらく。


2015年12月7日月曜日

今後注目のオーディオグッズ紹介




 先日F社訪問の続きの記事である。

帰り間際怪し過ぎる謎の箱を持ってきたIさん。

MAINS NOISE ANALYZERと書いてある。



 これおもしろいからと不思議な箱を差し出す。
よく分からない基板がプラケースに納められており
メガネ型電源ケーブルが一本でているだけである。

 何をし出すのかと思ったらお店のコンセントに次ぎつぎに差し始めた。
ブーッと結構大きな音とともに3桁の数字が表示された。


店の適当なオーディ用で無い普通のコンセント
741
試聴室の壁コン
450
試聴室の電源タップ
50 ブザーの音がかなり小さい

謎の値。単位も無くブザーと3桁の数値がでるのみ。

この機器、お値段が10万円でIさんも詳しいことは全く分からないのだという。
ただ高周波を計っているのでは無いかと推測はしていた。

なんの数値化分からないのだけど、オーディオ的アプローチがなされたコンセントほど数値が下がるのである。

ほぼ0の値を示したコンセントはキソアコの原さんオリジナルの電源タップであった。
謎は深まるばかりである。

今まで色々なオーディオグッズを見てきたのだけど
これほどまでに怪しく興味深いものははじめてかもしれない。

あまりに気になったのでうちへ持ってきてというと二つ返事で
ああいいっすよと。

しかしこんなので計られると、数値0を目指してアクセサリー沼にダイブするしかなさそうだ。

話題のトリノフオーディオ ST2を802Diamondで体験!



季節は冬へと移り変わり大荒れだった今週末。
日曜日になったとたん青空さえも見えるオーディオ日和。
月曜日に試聴をお願いしていたその日天に迎えられるようにまたF社へ向かった。

 ちょうど先週の日曜日あの802DiamondがまたF社へ中古が入荷され
前回上海へ行ってしまったうちの802SD。今度こそはとメールを送った。
その3日後にはなぜか商談中の札が下がっていた。どやらまた間に合わなかったのだろうとおもうっていると木曜日にはアキュフェーズのアンプも借りられましたとのメールが返ってきた。

スピーカー B&W 802Diamond
プレイヤーエソテリック
アンプ アキュフェーズ

のセットでデモをお願いしたのだけど、アキュフェーズはちょうど店に展示品が無かったのにもかかわらずアキュフェーズにてデモ品が用意でき、
すぐさま商談中になってしまった802SDも日曜日までは聴けるという。

聴けるのは日曜日だけでこのタイミングを逃したら試聴できませんでしたので運命かも知れませんとIさん。