2017年3月27日月曜日

ESOTERIC 反省会 今必要なオーディオ




ESOTERIC 卒業します!

惜しい気持ちで一杯ですがSACDトラポごとESOTERICのオーディオシステムを解体することにしました。
去年の7月にP03+D03をP03+D02Xへと変更したばかりではありますが、
これまでのオーディオライフの中で最も早い決断といえましょう。

つい最近、last.fmを久々に見て恐ろしい事実に気づいてしまいました
「全盛期の三分の一しか音楽を聴いていない。」
下のグラフを見てください。
2013年は802SDを導入した年で
円盤でもPCでも一日中音楽を聴いて過ごしていたと思います。
さらに次の年はP03+D03を導入しさらに円盤再生をしていたと記憶しています。



それが2016年では全盛期の三分の一しか音楽を再生していません。
2016つまりは去年ですが、iTunes上で再生する以外にCDを再生していた記憶があまりありません。
新譜やオーディオチェックをするとき、人を招いてデモンストレーションをするとき
そんなときしかP-03は使われていませんでした。

ESOTERICを選んだ理由それが、
ハイエンドの中ではもっとも手頃にSACD再生がうまく出来こと。
発端はDACとトラポを分けたかった気持ちがあってのことですが
D02Xへの買い換えを決めたとき、もまたSACDの再生を諦めたくなかった。
そんな事情でD02Xに買い換えを行ったにもかかわらずP03が生かせてません。
ESOTERICに縛られていた理由がなくなってしまいます。

確かにD02XではPCでの再生にも力が入っていて
SACDトラポの必要性が薄れていたのも事実です。

そこへ追い打ちをかけるかのようにハイレゾ配信です。
DSDもUSBで再生できるようになるとSACDの存在が希薄になってきました。

さらには、体調悪化により、SACDを再生しなくなっただけではなく音楽自体を聴かなくなっていました。

もうESOTERICは自分には必要ない…。
SACDもいらない…。

そう感じるようになりました。


加えて、D-02Xの失敗感

リレー回路のカチカチ音
 専用ソフトを使うことによりある程度軽減することが出来ますが
自分の音楽スタイルはあくまで自然に寄り添うオーディオです。
一曲一曲気合いをいれて聴くようなことは滅多にありません。
無音の時間を大事にしている今日この頃では、1曲2曲聴いては休みを繰り返していました。
クラシックだとワンフレーズだけ聴くという感じです。
そんなときにしぶとくカチカチ鳴るのがどうにも気になり
DDコンバーターを噛ませてサンプルレートを固定して聞いていましたがこれでは
D02Xの最新DACチップの意味が薄れます。

有機ELパネルの焼き付き
 地味に堪えたのがこのほぼ強制と言えるパネルの自動消灯機能です。
エソテリックはGrandiosoシリーズからパネルが有機ELになりましたが
それに伴い、パネルが焼き付くようになってしまいました。
搬入時、Iさんにパネルは焼き付くので消灯しておいた方が良いですよと言われ
10分で消灯するようになっていたのですが、見た目に音楽を聴いている感じや
オーディオをやっている感じが薄れるのです。
ずっと真っ黒い画面が出ているD-02Xは魂の抜けた箱のようです。

P-03との不調和
 トラポはP03のままでした。CD再生はそんなにしないことは分かっていたので。
まあ、ESOTERIC同士ですのでクロックもSACDも良い感じに鳴ってくれます。
実際、音を聴く限りPCからUSBよりもずっと良い音が出ていたと思います。
しかしながら、どうにも一体感が無いというかピンとこないのです。
P0くらいに突き抜けたトラポだったらまだしもP-03とD-02Xが不釣り合いというのか中途半端でした。

大きくて重い
 ESOTERICは物量投入が得意なメーカーであり、個体は多く重く大きくなります。
使用頻度の低下とともに、その巨体がだんだんと邪魔に思えてきたのです。


2016年12月10日土曜日

部屋の雰囲気を激手に変える「ライティングレール照明」オーディオに適した灯り 後編




前回の記事の続きです。

■前回のあらすじ
部屋の雰囲気を激手に変える「ライティングレール照明」オーディオに適した灯り 前編
通常のシーリングライトからライティングレール照明へ切り替えたはいいものの
思いがけない欠点や落とし穴に嵌まりして四苦八苦…

■今回の話

  • 基本的なコスト対策
  • ブラケットランプの音質影響について
  • 結局何を使えば良いのか?
  • 分かったライティングレールの弱点…



2016年12月9日金曜日

部屋の雰囲気を激手に変える「ライティングレール照明」オーディオに適した灯り 前編




2010年頃からレール照明を補助の明かりとして導入しましたが
その後2013年のシーリングファンの導入をきっかけに
リビングの照明はすべてスポットライトへと切り替えました。

部屋が電球色なり部屋全体の明るさに緩急がつき
とてもムーディーで落ち着く部屋に変わりました。

しかしながらこのスポットライトは良いことだけではありません。


2016年12月3日土曜日

キソアコースティック HB-G1をさらっと聴く ※動画あります



10月某日F社へすこしばかり寄り道。
キソアコの新作HB-G1が展示してあったので聴いてきた。




タンノイのウェストミンスターの前ですくっと立っている細身のスピーカー
外見はスピーカースタンドに乗っかったHB-1であるが
それはスタンドでは無くウーハーだ。

スピーカースタンドの空きをそのままスピーカーにしてしまったようなそんなスピーカーであるが
横にある黒い箱はネットワークである。
トールボーイになったことによりネットワークはスピーカーの筐体とは別にもう一つの箱が作られている。
拳で叩いてやるとそんなにがっしりとはしていないもののそこそこの重さのありそうな箱だ、

このHB-G1というスピーカーに少し興味を持った理由であるが
しばらく前から理系+美音系スピーカーの2ペア運用がアニソンオーディオに置いて最強ではないかと提唱しているのだが

どうやらこのキソアコは、その理系+美音系のスピーカーを一個体で達成しているようなのである。

HB1というアコースティックギターの箱をエンクロージャに利用したスピーカーと
フランコセルブリンのアッコルドというスピーカーは

いくつか共通の思想設計を持っていると感じている。

一つが2wayの小型ブックシェルフでその箱なりを十分に活用した設計であるし
もう一つがネットワークを筐体の外へ追いやっていることである。
さらには両者ともスピーカーを楽器として見立てて設計を行っている。
キソアコは筐体が完全に楽器であるしフランコのスピーカーは弦楽器のイメージそのものだ。

そんなキソアコなのであるが、今回のG1はそこに余計な響きを極力抑えたウーハーユニットが付いている。
これはもはや、美音系の2wayスピーカーに強力なサブウーハーをつけたスピーカーでは無いだろうか?

G3giyaを聴いていると常々思うのだが、
フルレンジユニットに強力なサブウーハーを2基搭載したらGIYAに限りなく近いスピーカーが完成するのではないだろうか?
しかもそのフルレンジユニットは音を消すのでは無く響かせるようなチューニングであったら良いのではなかろうか?

そんな夢を現実のものとしたスピーカーこそがこのHBG1であると思う。
キソアコというメーカーは元々オーディオマニアがONKYOのTK10にインスピレーションを得て
一つ一つのパーツや設計を見直し、費用や予算と言った壁を取り払ったマニアックなメーカーなのだ。
であるからマニアの夢を叶えているというのは大げさな話ではない。


2016年11月12日土曜日

オーディオ機器のクリスタルコート。エンクロージャーをツルツルにするゾ



 整頓と掃除が好きです。
特にオーディオ周りの埃は1~2週間に一度徹底的にとります。
どういうわけか、埃をざーっととって掃除機をかけると音が見違えるようなのです。

クイックルワイパーにつける立体吸着シートを四つ折りにして白手袋をはめて
スピーカー、アンプ、オーディオラック、ケーブル、オーディオボードと拭いていきます。
ツイーターや端子、ターミナルなどはカメラ用ブロワーで埃を飛ばし
アンプの細かい溝はカメラ用の刷毛を使って綺麗に埃を取ります。



ウェーブ フロア用ドライシート 立体Wキャッチ ピンク 40枚入UN ブロアー ワンコインブロアー(オレンジ) UNX-1330HAKUBA DSLRボデイブラシM ブラック KMC-50-BK


 特に重要なのが、ツイーターのブロワー掛けで
埃を取ってやるだけで保護ネットを外した以上の効果が出ます。
スーパーツイーターを別途設置していたりリボンツイーターなどの
ツイーターが付いたスピーカーでは効果が非常にわかりやすいでしょう。

 男性陣なら誰もがメカいじり的な遊びは好物だと思うのですけど
たとえ掃除であってもオーディオのこういったメンテナンスや配線やセッティングは心躍ります。


2016年11月3日木曜日

お知らせ

いくつか伝えておかなければいけないことがあります。
様々な事情が絡んでいるため正しく伝えることが出来るか定かではありませんがとりあえずの報告としてここに書いておきます。

 生まれてこの方身体が強い方ではなく
ここ10年程度、いくつかの病気により入退院を繰り返し養生生活を強いられていたわけですが
出来るだけ自宅で少ない体力でも楽しめる趣味としてオーディオに活路を見いだして
今ではほぼオーディオ中心の生活を送っていました。

 と言うのも、趣味は意外に多く持っている方だと思うのですが、
体力的な面で大きな制約があり年増に寝ているだけで出来るような楽な趣味へと淘汰されていったようです。

 ここのところの著しい体力低下に伴い、
オーディオ、音楽趣味が最後の砦となっていました。

 去年の春あたりから耳管が開放気味になったり…薄々感じていたことですが
ここに来て音を聴く力が無くなってしまいました。

 調子の良い日を狙って薬を併用しつつだましだましオーディオをやっていましたが
先月10月の中旬のこと常用している薬の一つに激しい副作用が出てしまい
体調が著しく低下してしまい日常的な生活を送ることがぎりぎり出来る程度の状態になってしまいました。

悪いことに、最も大きな影響が聴覚へ出てしまい聴力検査での聞こえは問題なく
音は感じられるものの音楽としてとらえることが出来なくなってしまいました。

 副作用からくる症状らしいのですが、どうやらこの状態から抜けきるのに半年から4年程度かかるとのことです。

そもそも病気自体に治療方法はまだ確立されておらず、
対処療法としての薬をだしだまし使っていました。10年も…
薬自体には通常そのような副作用が出ることはまずないと言われていて
医師も自分も安心して使い続けていたのですが運が悪かったのかなと思います。


元々、医師からは入院生活を推奨されていましたが
何とか工夫して訪問看護等使いながらなんとか自宅で養生できるようにしていました。
病院生活じゃヘッドホンくらいしか使えないし好きな人とも会えないしね。


 音楽とオーディオと出会えてたから今の自分がいると思います。
今では、音楽を普通に聴こうとしても痛みしか感じられません

オーディオできないのってこんなに辛いんだ。。。

ぽっかりと大穴が空いてしまったような気分です。


2016年10月16日日曜日

NORDOST沼 5弾目 G3 GIYA(4G)のケーブル交換 一人で作業する



 中古でちょうど良さそうなNORDOSTのFREYを購入、
メインスピーカーのスピーカーケーブルを交換しました。

長さは1メーターと現在のREDDAWNよりさらに50cm短くなります。
REDDAWNの導入時には50センチでも届くねなんて話していましたが
付けてみる限りこの1Mが限界のような気がします。

 取り付けですが、ネット中古のためオーディオスタッフに頼るわけに行きません。
G3GIYAはターミナルがスピーカーの底にギチギチに入っているため、たかがスピーカーケーブルの交換がかなりの難易度です。

では実際の交換の様子を見てみましょう。

※本当にだれたの助けも借りていません。すべて一人で作業しました。